仁王門

 

仁王門

文久3年(1863)に建てられたもので、左右の金剛力士像はお寺のガードマンの役目を持っています。 正面に向かって右の口を開けている阿像(那羅延金剛)は一切の法の最初を表し、左の口を閉じている吽像(密迹金剛)は一切の法の窮極を表しています。

 

01. 仁王門

07. 宝物殿

13. 道善房墓所

19. 日蓮聖人銅像

02. 大堂(本堂)

08. 本院

14. 報恩殿(つつじ)

20. 女人堂

03. 祖師堂

09. 凡血の笹

15. 千年杉

21. 涕涙石

04. 鐘楼堂

10. 髪塚

16. 星の井戸

22. 清澄八山

05. 観音堂

11. 妙見堂

17. 練行堂

23. 布袋尊

06. 中門

12. 信育道場

18. 旭が森

24. モリアオガエル